喪中 お歳暮

喪中のお歳暮

「毎年贈っている相手や、自分が喪中の場合、お歳暮はどうしたらいいんだろう?」と悩む人も多いと思います。

そういう人のために喪中のお歳暮についてご紹介します。


万が一お歳暮を贈る予定の人に不幸があり、喪中になった場合、お歳暮をどうしたらいいか判断に迷うと思います。

結果からいえば、お歳暮は日ごろお世話になった人への感謝であり、お祝い事ではないので、贈っても大丈夫です。
ただし、紅白の水引はかけないようにし、白無地の短冊などに「お歳暮」と書いて贈るようにしましょう。
ただ、先方に不幸があったばかりであれば、49日の法要後の忌明け後にしましょう。
もし、年明けにかかるようであれば、お歳暮として贈るのではなく、寒中見舞いとして贈るようにしましょう。


また、贈り主に不幸があった場合は、普段通りお歳暮を贈っても構いません。
しかし、ご自分に不幸があった場合は、お歳暮を考える余裕や、買いに行く余裕がない場合もありますし、贈り先によっては、こちらが喪中であることを気にする人もいます。

そういう場合も想定して、可能であれば、49日の忌明け後に水引をかけずに贈るといいと思います。

贈る相手が、親しい友人や両親、義両親の場合は、こちらの状況もわかってくれていますし、それほど気にすることはないと思います。


お歳暮を贈る相手や贈る側が喪中の場合でも、お歳暮は贈っても大丈夫ですが、相手の気持ちを尊重して、贈るようにしましょう。

毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

 

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報