やめる お歳暮

お歳暮をやめたい場合について

日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、次第に疎遠になっってくるとお互いに気を使うので、今年限りでやめたいと思うことがありますよね。

いろんな人と知り合っていくことも多い反面、今までお付き合いのあった人と接点がなくなれば、次第に疎遠になっても無理はありません。

でも、やめたいと思っても突然贈るのをやめるのは、勇気がいることですね。
そこで、上手にお歳暮を止める方法をご紹介します。
お歳暮を今年限りでやめたい場合は、まず、相手の気分を害さないような配慮が必要です。
こちらは、疎遠になったと思っていても、相手はそうは思っていないかもしれません。
そこで、突然ぱったりと連絡取らなくしたり、お歳暮をやめたりせずに、やんわりと相手にこちらの意思がわかるようにするのが大切です。

例えば、お中元とお歳暮の両方を送っている場合は、先にお中元だけやめてみましょう。
そして、次の年にお歳暮をやめてみて下さい。

お歳暮の代わりに感謝のしるしを別の形で贈るのもいいかもしれません。

お中元とお歳暮を贈る代わりに、全く違う時期に感謝の品を贈るのもいいと思います。

肝心なのは、相手を思いやる気持ちです。

例えば、お歳暮を贈るのをやめた場合でも、季節のお便りを送ったり、お歳暮とは関係ない方法で挨拶をすることが大切です。


お歳暮は、日頃お世話になっている人に贈るものですので、疎遠になったら贈る必要はありませんが、今までのお付き合いのことを考えて、相手を思いやる気持ちは忘れないようにしましょう。

毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

 

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報