お礼状 マナー お歳暮

お歳暮をもらった時のお礼状と贈ったときの送り状について

お歳暮をもらった時のお礼状と、贈ったときの送り状についてご紹介します。

どういう風に書いたらいいかお困りの方や、送った方がいいのか、それとも贈る必要がないのかなど、詳しくご紹介していますので参考にしてください。
親しい友人や家族間など、親しい間柄からお歳暮をもらった場合は、電話やメールでお礼を言うこともあると思いますが、それは略式です。
本来は、きちんとお礼状をだすのが正式なマナーです。
そのお礼状の書き方、出し方についてまずご説明しますね。


お歳暮をもらったら、できるだけ早くお礼状を出すことが基本です。
その場合、手紙でもハガキでも大丈夫です。
お礼状と言われてどんなことを書いたらいいか迷う人も多いと思いますが、何も堅苦しい、かしこまった文章を長々と書く必要はありません。

お礼の気持ちを述べ、その贈物を家族みんなが喜んでいるという旨、これからも末永くお付き合いをしていきましょうという言葉と、相手の健康を気遣う言葉を入れるといいのです。
これらのポイントを抑え、自分なりの言葉で感謝の気持ちを書けば、きっと相手にもその気持ちが伝わるはずです。


そして次に、お歳暮の送り状です。
ご主人の代わりにお歳暮を贈るという奥さんも多いと思います。
ご主人の仕事関係に贈るお歳暮は特に気を使いますね。
デパートなどの配送を利用する場合は、送り状がついていないことが多いので、送り状を用意して先に送っておきましょう。
その際に書いておいた方がいいいくつかのポイントをご紹介します。

仕事関係の人に対する送り状には、必ず季節の挨拶を添えます。
その後、日頃のお礼を書きましょう。
そして、いつ何を送ったかを書いておくと万が一届かなかった場合に連絡が来るなど、対処しやすいのでいいと思います。
文末には、相手とご家族へ健康を気遣う言葉を添えましょう。


最近では、お歳暮のお礼状や送り状を贈らない人も増えてきましたが、もらうと嬉しいものですので、親しい間柄でも送ってみてはいかがでしょうか?

毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

 

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報