時期 お歳暮

お歳暮を贈る時期はいつ?

お歳暮向けの商品は、早いところなら11月には店頭に並びはじめます。
インターネットならもう少し早いかもしれません。

どんどん前倒しになっているお歳暮商戦ですが、お歳暮を贈る時期に迷う人も多いのではないでしょうか?
毎年贈っている人は慣れていると思いますが、今年からお歳暮を贈る人のために、お歳暮をいつ送ったらいいかご説明しますので、お役にたてれば幸いです。
お歳暮は、元々は正月を迎える事始めの日である12月31日から贈っていたようですが、現在では、12月初めから20日くらいまでに届くように贈るのが一般的のようです。
11月末頃から贈る人も多いのですが、季節のあいさつなので贈るタイミングを外さないように注意してください。


お歳暮の時期は、関東では12月初めから31日まで、関西では12月13日から31日までとされています。
しかし、年末ぎりぎりの慌ただしい時期に届いても迷惑になることが多いので、20日くらいまでに届くように贈るといいとされています。

ただし、贈るものがお正月用の数の子や新巻き鮭、お肉などお正月に利用してもらいたい生鮮食品などは、遅めに贈ってあげる方が親切ですね。


12月26日を過ぎてお歳暮を贈る場合は、「御年賀」や「寒中御見舞」とするのが、正式マナーだそうです。


お歳暮は、日頃お世話になっている方への感謝と気遣いから贈るものなので、遅れるよりは早めに贈った方がいいと思います。

忘れそうな人は、早めにリストを作って置き、贈るものに合わせて贈る時期を考えておきましょう。
毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報