マナー お歳暮

知ってますか?お歳暮のマナー

ここでは、お歳暮を贈る上で気をつけたいことをご紹介しています。
意外と知らなかったお歳暮のマナーや、今までマナー違反と知らずにやっていたことなどもあると思いますので、こちらで少しでも知っていただけたら嬉しいです。

知ってますか?お歳暮のマナーエントリー一覧

お歳暮を贈る時期はいつ?
お歳暮向けの商品は、早いところなら11月には店頭に並びはじめます。インターネットならもう少し早いかもしれません。どんどん前倒しになっているお歳暮商戦ですが、お歳暮を贈る時期に迷う人も多いのではないでしょうか?毎年贈っている人は慣れていると思いますが、今年からお歳暮を贈る人のために、お歳暮をいつ送ったらいいかご説明しますので、お役にたてれば幸いです。
お歳暮をもらった時のお礼状と贈ったときの送り状について
お歳暮をもらった時のお礼状と、贈ったときの送り状についてご紹介します。どういう風に書いたらいいかお困りの方や、送った方がいいのか、それとも贈る必要がないのかなど、詳しくご紹介していますので参考にしてください。
お歳暮の相場はいくら?
お歳暮を贈る上で悩むのが、その相場です。贈る相手によってその相場は変わりますが、なかなか他の人に「いくらものを贈った?」などと聞くことができませんね。そこで、ここでは、贈る相手別にお歳暮の大体の相場をご紹介しますので、参考にしてください。
お歳暮をやめたい場合について
日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、次第に疎遠になっってくるとお互いに気を使うので、今年限りでやめたいと思うことがありますよね。いろんな人と知り合っていくことも多い反面、今までお付き合いのあった人と接点がなくなれば、次第に疎遠になっても無理はありません。でも、やめたいと思っても突然贈るのをやめるのは、勇気がいることですね。そこで、上手にお歳暮を止める方法をご紹介します。
喪中のお歳暮
「毎年贈っている相手や、自分が喪中の場合、お歳暮はどうしたらいいんだろう?」と悩む人も多いと思います。そういう人のために喪中のお歳暮についてご紹介します。万が一お歳暮を贈る予定の人に不幸があり、喪中になった場合、お歳暮をどうしたらいいか判断に迷うと思います。結果からいえば、お歳暮は日ごろお世話になった人への感謝であり、お祝い事ではないので、贈っても大丈夫です。ただし、紅白の水引はかけないようにし、白無地の短冊などに「お歳暮」と書いて贈るようにしましょう。
お歳暮を受け取りたくない場合について
年末にかけて次々とお歳暮が送られてくると思います。お付き合いの多い方や、仕事関係でお世話になった人が多い場合は、特に多くのお歳暮が自宅に届くのではないでしょうか?通常はもらって嬉しいお歳暮ですが、中にはお歳暮を受け取りたくない人から届くこともあります。そこで、お歳暮を受け取りたくないのに贈られてくる場合、どうしたらいいかについてご説明しますので、参考にしていただける幸いです。

お歳暮関連情報