のし 熨斗 お歳暮

お歳暮に欠かせない熨斗(のし)とは?

お歳暮に欠かせない熨斗ですが、熨斗がなんのためについているかご存知ですか?
いざというときに恥をかかないために、熨斗についてご説明しますので、知識として聞いていただければ幸いです。

お歳暮を買うと店員さんに「熨斗はどうされますか?」と必ず聞かれると思います。
その際に「内熨斗で」とか「外熨斗で」とか答えますよね。
みなさんの中に熨斗と言えば、そこにかけられる紙のことだと思っている人がいませんか?

 

実は、私も勘違いしていたのですが、熨斗とは熨斗紙についている飾りのことを差し、それがついている紙なので本来なら「熨斗紙はどうされますか?」と聞くのが正解です。

 

 

その熨斗ですが、黄色い紙を長六角形の内側が赤い色紙で包んだ形状をしています。
祝儀袋の表面にも簡略化されたものが印刷されており、水引と併用されることが多いです。

 

正式には熨斗鮑と呼ばれて乾燥させたアワビが用いられ、内鮑という別名があったそうです。
元々は、熨斗鮑は、アワビの肉を薄く削ぎ、干して琥珀色に半乾きになったところで、竹筒で押して伸ばし、さらに水洗いと乾燥を繰り返し調製したものを指したそうです。

 

 

アワビは長寿をもたらす食べ物とされたため、古来より縁起物とされていました。
現在では簡略化され、アワビの代わりに黄色い紙を用いられるようになったそうです。

 

 

その他にも、儀礼作法の包み方の一つとして伸ばしたアワビの包み方を「熨斗折り」と言われたことから熨斗に省略可されてという説もあります。

 

 

熨斗をつけるときの注意点として、お歳暮に肉や魚貝類などの生ものを贈る場合は、熨斗はつけません。
熨斗はもともとアワビを示し、生ものなので、生ものに生ものはおかしいとされるためです。

 

 

また、熨斗のデザインやつける場所が関西と関東では違っているので、目にする機会があれば注意して見てみてみるとおもしろいと思います。

毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

 

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報