ルーツ お歳暮

お歳暮のルーツ

少し肌寒くなると、「そろそろお歳暮の準備をしなくちゃ」と思われる人も多いと思います。

お歳暮は、私たち日本人にとって大切な慣習です。
そこで、ここでは、お歳暮の由来・ルーツについてご紹介したいと思います。


お歳暮とは、読んで字の如く年の暮のことを意味します。

お歳暮は、お盆時期に贈るお中元と同様、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちや、健康を気遣う気持ちを物に託して伝えることです。

元々は、お正月に、先祖の霊を迎えるために必要なお供え物や贈り物を、嫁いだり分家した人が親元や本家に持っていく日本古来の習わしだそうです。
それが、今では、日頃お世話になった方への年末のあいさつになっているのです。
そのルーツは、中国にあるとされています。

中国では、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元と言い、天の神を祭る日だったそうです。
これに日本古来のお盆という先祖の霊を供養する行事が混じって、お中元やお歳暮を贈ることが習慣になったようです。

そうして始まったお歳暮ですが、元々は、年の暮れに、各家庭で行われていた先祖の霊を祭る時に供えていたものを近所に人に分け合うことだったようです。

そういうことから、お歳暮に贈るものは、先祖へのお供え物に適したものでしたが、それが生きている両親への感謝の贈り物と変化し、それがまた、日頃お世話になっている方への贈り物へと変化したのです。


お歳暮は、日頃の感謝や健康への気遣いで贈る大切な日本の習慣であると言えると思います。
素直に言葉でなかなか表現できない日本人の性格も、お歳暮を贈る習慣になった理由の一つかもしれませんね。

できれば、両親には「いつもありがとう」という言葉を言葉で伝えたいものです。

毎年、どんなお歳暮を贈ろうか迷ってしまう。
出来れば違うものを毎年贈りたいと思っても、付き合いが長くなればなるほど重なることが多くなります。
そこで、人気のお歳暮をご紹介!
もらって嬉しいお歳暮ランキングを今すぐチェック!

 

気になるランキングはこちら

もらって嬉しいお歳暮ランキングを見る

こちら


お歳暮関連情報